活動・行事‎ > ‎2009年度‎ > ‎

平成21年度優秀発表賞

本年度から、支部行事の学生発表会における成績優秀者を表彰する制度を設け、
下記の二つの研究発表会で選出された6名を表彰した。表彰式と祝賀会を平成21年12月16日に
ルブラ王山にて開催した。

音声関連研究室修士論文中間発表会(平成21年8月3日、名古屋工業大学、発表件数49)

  • 小笠原 基(名古屋大学)
    正多面体マイクロホンアレイを用いた伝播特性クラスタリングによるブラインド音源信号分離

  • 森本 泰子(名古屋大学)
    時空間周波数解析を用いた両耳伝達関数の分析

  • 水野 理央(名古屋工業大学)
    重奏用譜面を生成するための経路探索を用いたメロディのパート分配

  • 福井 竜一(豊橋技術科学大学)
    AAM を利用した顔画像処理における表情成分と個人成分の分離

  • 高瀬 裕矢(名古屋工業大学)
    HMMを用いた日変動パターンに基づく環境電磁波のモデル化と異常放射検出

建築音響,騒音・振動関連若手研究発表会および若手セミナー (平成21年11月25日(水)、名城大学名古屋駅サテライト、発表件数7)

  • 津田真友子(三重大)
    環境音を付加した機械動作音の一対比較実験システム
 
 
 受賞者と支部役員による記念撮影  祝賀会の様子