活動・行事‎ > ‎2010年度‎ > ‎

技術講習会 音のデザイン-感性に訴える「音」が付加価値を生み出す-

東海支部では、音響学会の時限調査研究委員会として設置された
「音のデザイン調査研究委員会」にご協力いただき「音のデザイン」
に関した技術講習会を企画いたしました。
製品音のデザイン、公共空間の音環境など、様々な場面で展開される音のデザイン
に関する研究について、4名の講師からのご講演を予定しています。
ご多忙中とは存じますが、ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
開催日時       平成22年11月22日(月) 13:00~17:30

会場          名古屋駅前イノベーションハブ (愛知県産業労働センター ウインクあいち 15階)
         〒名古屋市中村区名駅4-4-38
         交通アクセス  http://www.winc-aichi.jp/access/
         (JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅から徒歩約2分

協賛          日本音響学会 音のデザイン調査研究委員会
 

内容・タイムテーブル(予定)
 12:30
 
  開場
 13:00  13:05   主催者側挨拶
 13:05  14:20  
講習1 「音のデザイン-その必要性,可能性,将来性-」
          講師:岩宮眞一郎 (九州大学)
 14:20 ~   15:20  
講習2 「製品音のデザインの目指すところ、現状、課題」
          講師:大富浩一 (東芝)
 15:20 ~   15:30  
休憩(10分)
 15:30  16:30  
講習3 「様々な環境における音のデザインと快音設計」
          講師:戸井武司  (中央大学)
 16:30  17:30  
講習4 「公共空間の音環境デザイン」
          講師:船場ひさお (横浜国立大学)
       終了

          ※敬称略

 
参加方法   Webによる登録フォームからお申込みください
         申し込み締め切り:11月12日(金)18:00まで
 
参加費・資料代
参加費 資料代
音響学会員 無料 無料
学生(非会員) 無料  500円
一般  500円  500円
 
 
問合せ先       豊橋技術科学大学 山本一公 (e-mail: kyama<at>slp.ics.tut.ac.jp)
         名古屋工業大学 酒向慎司 (e-mail: s.sako<at>nitech.ac.jp) 
          <at>を@に置き換えてください